鉄砲カナブン

サイト内検索

結論から言うと、俺は今病院のベッドの上にいる

おぞましい事故によって

なんで昨日あの道を通っちゃったんだろうって死ぬほど後悔してる

昨日の夜19時ぐらいの帰り道

周囲には誰もおらず俺1人だけだった

だから気兼ねなく川岸の側をチャリ漕いで気分良く歌ってたんだ

「ちゃ~ら~♪へっちゃら~♪」

ドラゴンボール好きの俺の18番をね

昔、音楽の先生が歌う時はあくびをする時の口をしろって言ってたなぁなんて思い出しながらさ

そんでテンション上がって来ちゃってあくびの口をして、目ん玉を大きく見開いたんだよ

最近ストレス溜まってたからすっげえリラックス出来る時間だった

そしたら真っ正面から何かが俺に向かって物凄い勢いで飛び込んで来たんだ

最悪なことに、目を閉じる間も無くそれは俺の眼球に突っ込んで来た

鈍い音と共に鋭い痛みが俺を襲った

「うぎゃあああああああああああっ!!」

俺はそのあまりの痛さに泣き叫んだ

いや本当に尋常じゃないぐらいに

俺の左目にそいつが体をぐっちゃぐちゃにして潰れた

喚き散らしながら左手で何とかそいつを取り除くと、俺は絶望で声を失った

そこには俺の目からの出血で血みどろになった緑のカナブンがいた

俺は怒りと絶望で理性を失い、力任せにそれを地面に叩きつけて何度も踏み潰した

「何でこんな奴にいぃ!!!俺の目があああああ!!」

そこからすぐに病院へ直行

病院窓口の人は俺の左目を見て口を抑えていた

よっぽど酷かったんだろうな

今は左目に変な赤黒い膜が張ってて全然見えない

皆も鉄砲カナブンにはガチで気をつけて欲しい

以上の経緯が某都心での昆虫事故

それと、もう左目の視力回復は見込めないって医者に重々しく言われたよ

両目とも1.2ずつあった俺はそれを聞いてその場に泣き崩れた

一体俺が何したってんだよ…

俺は今もすすり泣きながら投稿してる

誰にもこの事故の責任を追及出来ないからここに憂さ晴らしに書かせてもらう

怖い話関連コンテンツ

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

怖い話メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ