目覚めると、私は白いベットに寝かされ、周りを白い服を着た人たちに囲まれていました。

何故、私はここにいるのか?考えてみても何も思い出せないし頭もぼんやりしています。

声を出そうとしても、麻酔をかけられているのか、体も動かないし声もでない。

この人たちは一体何をしようとしているんだろう。

周りの状況がわかってくると、どうやらここは手術台で白い人たちは医者のようです。

私は事故にでも遭って入院したのだろうか?

やがて、一人の医者が乱暴に私の胸を切り開きました。

まるで死人でも扱うような乱暴さに私は怒りを感じました。

そんなに乱暴にしないでよ!なんて医者なんだろう。

でも、体も口も動かない状態なので抗議することもできません。

私の体の中でゴソゴソと動く感覚が続きました。

そして私の体の中から出てきたものは、心臓でした。

私の心臓・・・

なんてことなの・・・

大至急〇〇病院に運んでくれ!

一人の医者が言い、私の心臓はクーラーボックスで何処かへ持って行かれてしまいました。

いったい、私はどうなったというのでしょう。

医者たちは、私の体を簡単に表面だけ縫い合わせ、いなくなってしまいました。

暫くすると、私は冷たい部屋に運び込まれてしまいました。

なんて酷い人達なんだろう・・・

私はここで死んじゃうんだ・・・

まだ死にたくない・・・

[gads2]

とある病院でのこと

目が覚めると、父と母が泣き笑いしています。

「目が覚めたのね!良かった。」

「手術は成功したのよ、もう大丈夫だからね。」

母の声に、私も涙が出てきました。

安心した私は、また眠りに入りました。

夢を見ていました。

夢の中で、私と同じくらいの年の女の子が泣いています。

「心臓を返して・・・  私は生きているのよ・・・」

以後、私は同じ夢を何度も見るようになり、その夢を見た後は必ず体調が崩れます。

私の心臓の提供者は、どんな境遇の人だったのか不安です。

事故で死んだ娘の家族

〇〇子は、事故で死んじゃったけど、あの子が心臓提供の意思表示をしていたなんて・・・

〇〇子の心臓だけは、今も幸せに生き続けているんだわ。

〇〇子も、人の役に立てて喜んでいることでしょう。

[gads]