「都市伝説」の記事一覧(2 / 4ページ)

鉄砲カナブン

怖い話都市伝説案内人

結論から言うと、俺は今病院のベッドの上にいる おぞましい事故によって なんで昨日あの道を通っちゃったんだろうって死ぬほど後悔してる 昨日の夜19時ぐらいの帰り道 周囲には誰もおらず俺1人だけだった

パンの日

怖い話都市伝説案内人

生まれたばかりの頃、私は記憶がありません。 しかしなぜか「パンの日」という言葉だけは、妙に覚えています。 成長するにつれて「パンの日」がどういった意味なのか気になり親に聞いたことがありました。 最初は、肉の日とかそういっ・・・

怖いを知らない

恐怖案内人

Oさんの息子さんが通う小学校で怖い話が大好きな先生がいたそうです。 その先生がある日「こっくりさん」という交霊儀式が昔からあるという話を特定の生徒に話したといいます。 現代の子供たちには、その話はとても新鮮に感じたようで・・・

闇バイト

怖い話都市伝説案内人

以前バイトをしていたとき、音楽の専門学校に通っている同僚のYさんがいました。 男性の年上の方で生活費を稼ぐためにバイトを掛け持ちしていたそうです。 ある日Yさんが通っている専門学校の先輩が部屋に人形を置くだけで10万円稼・・・

100歳の元気なおばあさん

恐怖案内人

10年ぶりに会った友人は、ホームヘルパーをしていた経験があります。 当時の友人の先輩だったDさんは、とても奇妙な話を後輩に話すことで有名な人でした。 「カエルを食べちゃったおばあさんの話」 「庭に穴を掘って防空壕を作ろう・・・

近所付き合い

怖い話都市伝説案内人

私が小学2年生の頃、高層マンションに住んでいるKちゃんの家に友達数人で遊びに行ったときの話です。 セキュリティマンションで、Kちゃんに教えられた番号を一階の暗証番号付インターフォンに入力することが当時は珍しくうらやましか・・・

無言電話

怖い話都市伝説案内人

私が小学生の頃、毎日一回は無言電話がかかってくることがありました。 ほんの1ヶ月程で無言電話は、止まったのですがその1ヶ月の間は親に外出の時は、気をつけるように言われていました。 無言電話が止んで数ヶ月たったころ、私のク・・・

変な人に興味を持つ友人

怖い話都市伝説案内人

知り合いのDは、変な人に興味を持つ人でした。 Dと一緒に出かけると「見て。壁に向かってずっと怒鳴っているよ」 「あの人駅前にいつもいる人なんだよ。」 というように変な人の姿に気付かされます。

謎の男の子からの電話

怖い話都市伝説案内人

時刻はもうすぐ昼にさしかかるか、というところ。 私は風邪をひいてはいましたが正直ちょっと熱出た程度のものだったのでその頃にはすっかり回復しており、ベットに寝転がりマンガを読みながらヒマ潰しをしていたその時、階下から母の声・・・

寝言に返事をしてはいけない

恐怖案内人

よく寝言に返事しちゃだめ、っていうじゃないですか。 私が寮に居た時に流行ってたというか、皆その話をしてた時期があったんです。 皆情報源もばらばらなんで、言ってる事もばらばらで寝言を話してる人に話しかけるとその人が狂う、死・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ