無言電話

サイト内検索

私が小学生の頃、毎日一回は無言電話がかかってくることがありました。

ほんの1ヶ月程で無言電話は、止まったのですがその1ヶ月の間は親に外出の時は、気をつけるように言われていました。

無言電話が止んで数ヶ月たったころ、私のクラスで変な噂が流行り始めたのです。

スポンサーリンク

夕方の4時から4時59分の間にかかってくる無言電話で自分の名前を言うと未来の自分の声が聞こえる。

という噂でした。

噂が流行りはじめてから放課後に寄り道をする子が減り、4時に公園で遊んでいる子は5、6人程度まで減ったのです。

おそらく噂を信じて家で無言電話を待ち続けていたのでしょう。

私は、噂が流行る前に無言電話や知らない人からの電話は、個人情報が知られるから名前を言ってはいけないと言われていたので、やりたくてもできませんでした。

一週間も経つと噂を試した人はクラスで10人以上いて、ほとんどの人が「何も聞こえなかった」と証言していました。

聞こえた人もいて「もしもしって何度も聞こえた」「間違えましたーって」「それは間違い電話でしょ」という会話を聞いた覚えもあります。

中でもSさんというクラスメイトが頻繁に来る無言電話にクラス全員の名前を言ったと話していました。

Sさんは、よく嘘をつく子でクラスメイトからなんとなく嫌われている存在でもありました。

「J君は、泣き声が聞こえてFさんは、なんだか怒っていたよ~」

なんて勝手なことを言うものですから、リーダー的存在のKさんが発言を止めようとしました。

するとそれが気に食わなかったのかSさんは、「Kの時は、苦しいって聞こえたよ!死んじゃうって!」と騒ぎ始めたのです。

Kさんは、とても真面目な子でしたから怖くなってしまい泣き出してしまいました。

そういうことがあって学校でその噂話は禁止されたのですが、Sさんは度々Kさんに嫌がらせを続けていました。

しかしいつからかSさんが不登校になってしまったのです。

スポンサーリンク

何でだろうとKさんに話すと「知らなかったの?あのときの噂には続きがあったんだよ。」と話してくれました。

無言電話で誰の名前を言ったとしても未来の声は、それを聞いている自分の未来の声だから名前なんて関係ないというのです。

もしかしてSさんにもその話をしたの?というと「もちろんしたけど変?」とKさんは笑いながら話していました。

Sさんが不登校のまま小学校を卒業したので噂が本当だったのか、Sさんは本当のことを言っていたのかわかりません。

Sさんが聞いた未来の声は、今のSさんを苦しめ続けているのでしょうか。

スポンサーリンク

怖い話関連コンテンツ

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

怖い話メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ