河童は本当に存在する

サイト内検索

河童(カッパ)の存在を信じますか?

多くの目撃情報はありますが、どれも決め手がない話ばかりですよね。

でも、僕は河童の存在を信じるしかないんです。

あれは、僕がまだ群馬県に住んでいた、小学生のころの話です。

家から30分位の所の山間に大きな沼があり、そこは道からは直接いけない場所なので、あまり人が来ない僕たちの秘密の釣り場になっていたんです。

深い森の中にあり、一人では怖くて行けないので必ず2人以上で魚釣りに行っていました。

その日は友達と3人で沼に行ったのですが、なんだか全然魚が釣れず、釣りにも飽きてきていました。

なんとなく、沼の淵を眺めまわしていた時、赤い光が目に入った気がしたんです。

「あれ、何か光ってるよ!」

「どれどれ、どのへん?」

「あそこの木の間で、何か光ってた。」

ですが、光は消えてしまい、何も見えません。

「きのせいだよ・・」

「何もないじゃん。」

そう言って、2人の友達は竿の方に戻ってしまったのですが、私は赤い光が気になって、森の方を探るように見ていました。

その時です、木の間から、黒い塊が現れ、こちらを見ていました。

体は僕たち位に見えましたが、大きな真っ赤な目が怒ったようにこちらを睨んでいました。

僕が「ウァーッ」と叫んだとき、水の中にジャポンッと飛び込んだんです。

友達が、「どうしたッ」と近寄ってきて3人で飛び込んだ波紋を見ていると、波紋の手前側に、あの大きな真っ赤な目の化け物が顔を出したんです。

僕と友達3人は、釣り道具もそのままにひたすら逃げました。

「いまの、絶対に河童だったよな」

「うん、間違いないよ!河童だよ。」

その時見た化け物は河童以外には考えられません。

あの時見た大きな真っ赤な目が恐ろしくて、その後その沼には行っていません。

河童は、実在するんです。

僕と友人2人は、間違いなくみたんです。

怖い話関連コンテンツ

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

怖い話メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ