呪いの櫛

サイト内検索

その日は母方の祖父の葬儀でした。

と言っても、私はまだ子供だったので、一応ついて行くだけついて行って、ほとんど祖母の家で遊んでいただけでした。

そんな感じのいとこが数人いたので、私たちは子供だけで遊んでいることにしました。

とは言え、あくまでも葬儀だったので騒がしくしているわけにもいかず、家の中で静かにしていることが前提となっていました。

私たちは、普段は立ち入らない部屋があったので、そこに入ってみることにしました。

そこは物置にしては人が暮らしていそうな雰囲気のある、良く言えば「散らかった部屋」か、「物だらけの部屋」のような感じでした。

そこには棚がいくつかあり、私たちはそこを漁ってみることにしました。

しかし、ほとんどの棚には鍵がかかっているようで、鍵が掛かっていない棚には何も入っていませんでした。

そんな中、

鍵の掛かっていない棚の中に「櫛」が入っているのを発見しました。

凝った装飾の施されたその櫛は、いとこの中でも女子勢の人気を集めていました。

その中の一人がその櫛で髪を梳こうと試みました。

次の瞬間、ブチブチっという音と、彼女の悲鳴が聞こえました。

見ると、彼女の髪がかなりの量、櫛に引っかかってちぎれてしまったのです。

その子はとても痛がって泣いていました。

私は、その子が落とした櫛を見ていましたが、そこには櫛が、まるで「咀嚼」をするかのように髪を貪っている光景がありました。

次の瞬間には髪の毛は食べきられたのか、無くなっていました。

鳴き声を聞きつけた大人たちに見つかり、私たちは部屋から出ていきました。

その背後、大人たちは櫛を拾ってそれをへし折り、それを竈にぶち込んで燃やすと言っていました。

たかが櫛にそこまで、と思いましたが、先ほどの光景を目の当たりにしていた私は、不思議と納得してしまいました。

その櫛のことを聞こうとしましたが、大人たちは何も話してはくれませんでした。

ただ、例の櫛が、「使ってはいけなかった物」であることは話してくれました。

怖い話関連コンテンツ

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

怖い話メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ