黒い服は生贄の証

サイト内検索

私は取材のために、ある村まで足を運んでいました。

初日に必要な取材や調査も終わり、その日は宿でのんびりする予定でした。

少し古い宿でしたが作りはしっかりしており、従業員の応対も満足のいくものでした。

ただ、一つ気になったのは、宿に入るときに従業員から「黒以外の服を持っているか」と聞かれたことです。

荷物の中には白いシャツが入っていることを伝えると、その従業員は何事もなかったかのように引っ込みました。

何だったのかわからないままでしたが、私は部屋に荷物を置きに行きました。

少し買い物でも楽しもうと思ったからです。

部屋に荷物を置いたあとになって急に天気が悪くなり、結局は宿にとどまることになってしまいましたが。

その日の夜、食事を部屋まで運んでくれた従業員から、またしても「黒以外の服」の有無を聞かれました。

私が再び、白いシャツを持っていることを告げると、その従業員も満足そうに戻って行きました。

確かに上から下まで黒い服で統一してはいましたが、なぜそこまで黒い服を忌み嫌うのかわかりませんでした。

ただ、よく見ると部屋の壁に「就寝時は黒以外の服を着てお休みください。

お持ちでない場合は貸出しいたします」と張り紙に書かれていました。

就寝時になって、私は寝巻きにと持ってきていた白いシャツを取り出しますが、誤って同居している恋人のシャツを持ってきてしまいました。

もちろん、サイズは合いません。既に夜も遅く、疲れていた私はそのまま眠りにつくことにしました。

その夜、私は違和感を感じて目を覚ましました。

何者かが、私の腕を掴んで引きずろうとしているのです。

私は抵抗しましたが、強い力に敵わず、謎の人物に引きずられかけました。私が大声を上げると、従業員が駆けつけてくれて、謎の人物はいつの間にかいなくなっていました。

従業員は、私が全身黒い服を着ていることに驚き、事情を話すとサイズの合う白い服を持ってきてくれました。

翌朝、例の人物について聞いてみると、昔、この村では生贄の風習があり、地獄から来た亡者が生贄を地獄まで引きずり込むのだとか。

そして、その生贄は目印として「黒い服」を着させられたのだそうです。

生贄の風習が無くなってからも、全身黒い服を着て眠っている人を「生贄」と認識して地獄に引きずり込もうとするのだそうです。

そのため、黒以外の服を持っているかどうかを聞いたのだそうです。

私の腕には、未だ消えない手形の痣が残っています。

怖い話関連コンテンツ

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

怖い話メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ