地蔵の首

サイト内検索

仕事の関係で知り合ったMは、生まれてから一度だけ怖い体験をしたと話してくれました。

Mが中学生のころ、林間学校の行事でキャンプファイヤーをしていたときのことです。

ごうごうと燃える自分より大きい炎を前にして何人かは、離れて見ていましたが、Mを含めた数人は、面白がって近くにあった石を投げ入れていました。

そのうち炎の周りに小石はなくなり、少し遠くの雑草が生い茂る中を探したところ、手のひらより少し大きめの石を見つけたそうです。

「この大きさの石を投げ入れたら、炎が大きく動いて面白いだろうな」

そう思ったMは、思いきり腕を振ってその石を炎に投げ入れました。

思ったとおり大きく縦に炎は動きMの身長の3倍ほど高く燃え上がりました。

しかし次の瞬間Mは、急に頭が煮えるほどの暑さを感じたのです。

息が荒くなり、頭が熱いと思ったMは手でおでこを触りました。

するとズリッと何かが手にまとわりつくのです。

見てみるとそのまとわりついたものは人間の皮でした。

そこからの記憶は無く、Mが目を覚ますと病院のベットの上でした。

顔には包帯が巻かれていましたが、あのときのように頭が熱いことはありません。

Mのクラスの先生は、「急にお前が倒れて顔はトマトのように真っ赤だし、顔を触ると顔の皮がむけてしまうので大変驚いた。」と言っていました。

「キャンプファイヤーを中止して火を消すとお前の顔が肌色に戻った。燃えた跡を見てみたら顔のある石を見つけたんだ。」

と付き添ってくれた友人は言い、その石を見せてくれました。

Mが手に取ったときは、薄暗くてわからなかったのですが、その石はお地蔵様の首だったそうです。

その後きちんと手順をふみ、首は元に戻したそうです。

Mがその時皮がむけてしまった場所は、その話をしてくれた今でも赤く跡が残っています。

怖い話関連コンテンツ

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

怖い話メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ