怪異に遭遇した時の邪気払いの方法

サイト内検索

怖い話・都市伝説のブログに来て下さってありがとうございます。

ここでは、

怖い話には欠かせない、邪気払いの方法も紹介しておきたいと思います。

邪気払いで一番大切なこと

何といっても、一番大切なのは、気持ちを強く持つこと!

これが全てです。

毅然とした態度で、霊と向き合いましょう。

私たち人間と、霊では、住む世界が違うことをしっかり認識し、

相手に伝える強さを持ちましょう。

スポンサーリンク

霊の力に立ち向かう強さとは

霊の力に立ち向かう強さとは、貴方自身日常にあります。

常に明るい気持ち、前向きな気持ちでいることが、

霊を寄せ付けない秘訣です。

健康な体、明るい前向きな性格は、自分を守ってくれます。

また、清潔であることも大切です。

低級な霊は、暗い気持ち、不健康な体、汚れを好みます。

常に、明るい前向きな気持ちでいることを、心がけましょう。

じゃ、低級じゃない霊はどうするの?

と思った人!

はっきり、お答えします。

私たち、普通の人間の手には負えませんので、

しっかりした方にお祓いして貰いましょう。

その点を踏まえたうえで、邪気払いの方法をご活用ください。

また、自分の身に起こるかどうかも解らない事に対して、

普段から、難しい事は覚えていられませんよね。

そこで、速攻である程度、効果のある方法をお教えします。

何だかヤバイ!と思った時に、すぐに実行できる方法ですので、

気休めっぽいと思われるかもしれませんが、覚えておいて下さいね。

ただし、強力な霊の前では、通用しないということを、お忘れなく!

霊に対して、自分のいる場所ではないことを教える

方法は、簡単で、自分の心をしっかりと持ち、強気で

「ここは、お前の居場所ではない、帰れ!」

と心の中で強く念じる事です。

言葉に出して言える状況なら、言葉に出して言って下さい。

状況的に、怖いとは思いますが、恐怖に負けずに、心の中で唱えて下さい。

お前なんか、怖くないんだぞ!という強い気持ちで唱えましょう。

ふざけるな!と思うかもしれませんが、本当に効果があります。

九字を唱える

よく、九字を切ると言いますよね。

でも、九字切りは、手の印の組み方や切り方が難しくて、いざという時には、

出来ませんよね。

緊急の場合、覚えようとしているうちに、呪い殺されてるかも・・(^^;

そこで、そこそこ効果のある方法として、九字を唱えましょう。

呪文は

臨(りん)兵(ぴょう)闘(とう)者(しゃ)皆(かい)

陣(ちん)裂(れつ)在(ざい)前(ぜん)

りんぴょうとうしゃかいちんれつざいぜん

これを覚えておき、いざという時に、唱えましょう。

もちろん、心の中でのつぶやきで大丈夫です。

邪気払いのお守り

邪気払い用のお守りとしては、塩があります。

塩は、家庭用の良くある食塩ではなく、粗塩とう、天然に近い物です。

嫌な雰囲気の場所に行かなければならない時等、

少量を紙に包み、胸ポケットに入れておきましょう。

鈴も、効果があると言われています。

普通に安く売っているもので良いのですが、音色の高い物の方が、

効果があるようです。

スポンサーリンク

怖い話関連コンテンツ

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 心霊・怪談へ

怖い話ランキングに参加しています。ブログ村もssl対応したようなので2016/11/05日より参加しました。

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

怖い話メニュー

人気記事ランキング

サブコンテンツ

このページの先頭へ