夢の中の心友

サイト内検索

私には小さな頃から何でも相談できる心友がいます。

そして、私の悩みや相談を必ずと言っていいほど的確に解決してくれるありがたい存在です。

なので、どんなに辛いことがあっても翌日には明るい自分を取り戻すことができるのです。

周囲の人から見た私は、明るく決断力のある強い人間と見えているでしょう。

私が付き合いが悪く誘われても必ず断ることも、きっと友達がたくさんいてそちらの付き合いが忙しいのだろう位に思っているでしょう。

だって私は、周囲の人の前では何時でも明るく振る舞い相談事も親身に聞いてあげ、翌日には的確なアドバイスを伝える頼りがいのある人間と認識されてますから。

ですが、そのアドバイスは私が心友に相談して導き出したもので、私はその答えを如何にも貴方のために考えてきたというような顔をして伝えるだけなのです。

心友の言葉を私の意見として伝えるだけで、私は周囲から信頼を受け、いつも笑顔で振る舞っていることで、大切な友達でもあるかのように私に接してくるのです。

本当の私は、今まで友達を作ったことがないので仕事以外での時間は心友とのみ過ごしています。

私には心友がいるだけで、他の友達は必要ないのです。

私と心友との出会いは、小学校3年の春休みのことでした。

両親と旅行に行く途中事故にあい、私だけが助かったのです。

独りぼっちになってしまったことを知らされ、寂しさで途方に暮れているときに夢の中で心友と出会ったのです。

心友の、「これからはどんなに辛いことがあっても私と一緒に生きていこうね。」という言葉で生き続ける気力が生まれました。

その日から、私の人生は現実と夢が入れ替わりました。

迷った時は、心友に相談すれば何でも解決してくれるし、現実世界での振る舞い方も心友が言う通りにしていれば上手くいきます。

つらい現実の世界は、夢の中で心友と会うためだと思う事で全然辛くなくなりました。

たかが現実の世界で何があろうと、私には夢の中の世界があるのですから。

今日も心友との時間を一日でも長く過ごすためだけに生きています。

怖い話関連コンテンツ

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

怖い話メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ