厄が集まる土地と厄払い祭り

サイト内検索

私は仕事の都合である町に引っ越しました。

古風な家並みの多い、空気のきれいな静かな場所でした。

町の中心には大きな公園があり、休日をその公園で過ごすのも楽しみでした。

私と同時期に、同じアパートに引っ越してきた男性と仲良くなり、休日は一緒にお酒を飲むこともありました。

町の人とも良い関係を築くことができ、仕事も順調にこなしていました。

その年の秋、回覧板でお祭りがあることを知りました。

そして、その回覧板を持ってきてくれた人は、私が新参者であることを知ると、絶対にお祭りに参加するように、と念を押していました。

何だろう、新参者は挨拶でもしなければならないのかと心配していましたが、そんなことはない、ただのお祭りであることを教えてくれました。

場所は町の中心にある公園だったのと、お祭りの雰囲気も嫌いではなかったので、きちんと参加する旨を伝えました。

回覧板には「厄払い祭」と書かれていました。

日程をきちんと確認して、隣の部屋に住んでいる男性に回覧板を回しました。

彼も、できる限り祭りに参加すると言っていました。

祭りの当日、時間通りに私は祭りに参加しました。

町中の人が参加しているようで、広い公園がぎゅうぎゅうでした。

祭りの規模自体はそこまで豪勢なものではありませんが、雰囲気はなかなか良かったです。

しかし、隣人の彼はいませんでした。

できる限り、と言っていたし、都合が悪くなったのだろうと思い、一人でのんびり過ごしました。

その数日後、彼が交通事故で亡くなったことを知りました。

亡くなったのは、祭りの翌日でした。

見通しの良い交差点で、彼は車に轢き逃げされてしまったそうです。

その後、また回覧板が回ってきました。

その人に隣人の不幸を伝えると、彼が祭りに参加していないことを言い当てました。

確かに祭りでは姿を見なかったのですが、どうして知っているのかを聞いてみると、祭りの翌日に亡くなったのがその証拠だと言いました。

その人は続けて、厄払い祭に参加していない以上、厄に殺されても文句は言えない、と言いました。

あとで詳しく調べてみると、この土地には自然と厄が集まるようで、祭りの時期に最も強まるのだとか。

それを払うための祭りに参加しないと、厄に殺されてしまうのだとか。

老若男女問わず、さまざまな方法で死んでしまうのだとか。

人によっては、生きながら火に焼かれて苦しみながら死んでしまったのだとか。

翌年以降も、私は祭りには欠かさず参加しています。

怖い話関連コンテンツ

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

怖い話メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ