宿の窓から見えた母屋

サイト内検索

私は、とある地方に訪れていました。

親戚の一人が亡くなったのですが、その人が住んでいるのが遠方だったので、電車を乗り継いで葬儀に参加したのです。

当初の予定では親族の家に泊めてもらうはずでしたが、都合が悪くなったらしく、親戚に近くの宿をとってもらってそこに1泊することになりました。

最近になって改装したそうで、とてもきれいな宿でした。

電車での移動で疲れていた私は、部屋に荷物を置いてからすぐに眠ってしまいました。

夜中、中途半端な時間に寝てしまった私は目を覚ましてしまいます。

空腹は感じていなかったので、適当に時間をつぶしてからもう一度眠ることにしました。

特に本とかを持ってきていなかたので、窓の外の景色でも楽しもうかと思い、窓を開けました。

庭もなかなか整っていて、目を楽しませるには十分でした。

月もきれいな夜でした。

その視界の左端に、母屋のようなものが見えました。

宿に来た時には窓を開けていなかったので、こんなところに母屋があるなんて知りませんでした。

その母屋には、ほのかな光が灯っているだけでした。

しかし、どこか幻想的な雰囲気を醸し出していました。

眠くなってきたので、もう一度眠りにつくことにしました。

翌朝、日の出とともに目を覚ました私は、窓を開けて空気を入れ替えようとします。

窓の外には朝露に輝く美しい庭が広がっていましたが、どこか違和感を感じていました。

視界の隅に写っていた母屋が無くなっているのです。

窓の外を見渡しても、母屋の姿は見えません。

夜のあれは見間違いかとも思いましたが、光が見えたのに見間違いとも思えませんでした。

食事の時に女将に話を聞いてみました。

夜、窓の外に母屋のようなものが見えた、と聞いてみると、女将は顔を青ざめさせていました。

何事かと聞いてみると、確かにそこには母屋が「あった」そうです。

そこは、先代の女将が自室として使っていましたが、数年前、火事で全焼してしまったそうです。

先代の女将も、その火事で亡くなったそうです。

その火事が原因で建物を改装したそうです。

詳しく話を聞いてみると、女将は毎晩、蝋燭に火を灯して眠っていたそうで、火事の原因もそれではないか、ということらしいです。

夜に見た光景に合致するものであったため、私は少し身震いしてしまいました。

怖い話関連コンテンツ

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

怖い話メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ