「不思議な怖い話」の記事一覧(3 / 7ページ)

10年ずれてる紙芝居

怖い話都市伝説案内人

田舎の話を書く。 小さい頃住んでた田舎の公園に、よく紙芝居屋が来ていた。 高齢で、60前後に見えた。 昭和の終わりにもなって紙芝居ってのもなかなかの話だった。 レトロブームが来る前のことで、酔狂なひとが趣味でやっているの・・・

祖母の家の竹林

恐怖案内人

僕がまだ小学生だった頃、祖母の家にお泊りに行くことがあったのですが、その時の体験を書かせてもらおうと思います。 祖母の家は大分のど田舎にあり、みかん農家をしていました。 一応本家であるらしく、周囲には分家となった親戚が畑・・・

姉のふりをする「なにか」

怖い話都市伝説案内人

私は、長い間姉がいると思って生活をしていました。 一番最初の姉の記憶は、ベビーベッド越しに私をあやす姉の姿でした。 私のお気に入りの、くまのぬいぐるみを使って、あやしてくれていました。 そのぬいぐるみは未だに私のベッド脇・・・

水に嫌われる家系

恐怖案内人

私の家には昔から、水場に近寄らないという家訓があります。 真偽の程は定かじゃありませんが、江戸時代から守っている家訓だと祖母から聞いたことがありました。 そんな家訓のせいで、友達からバーベキューのお誘いがあっても川の近く・・・

霊が見えない友人

恐怖案内人

私は幽霊や、よく分からないものが見える人間です。 この話は誰にもしませんし、言うつもりもありません。 科学的に証明ができるとも思えないし、頭がおかしいと思われるのが嫌だからです。 子供の頃、母親にさんざん嘘つき呼ばわりさ・・・

夢の中の遊び

怖い話都市伝説案内人

僕は昔からあまり人付き合いが得意じゃなくて、いつもいじめられていた。 外で体を動かすよりも、家の中で本を読んでいる方が好きなタイプだったせいもあって、僕はあまり明るい性格ではなく、それも手伝って友達はまったくできなかった・・・

寂れた神社のおみくじの怪

怖い話都市伝説案内人

ある成人式を終えた男女5人が、その帰り道に寄った神社での出来事です。 神社と言っても、神主が亡くなってから誰も管理しておらず、すっかり寂れてしまった神社なのですが。そのため、参拝している人も全くいませんでした。 昔から冒・・・

少年の身に起こったのは、魅了か、憑依か

恐怖案内人

あれは小学生の頃ですね。 その日は遠足だったのですが、行き先はとあるお寺だったのです。 結構近所にあるお寺なので普段でも行こうと思えば行ける場所にあるのですが、これが全国的にもそれなりに有名なお寺だったのです。 それを知・・・

当の昔に全焼した児童施設の少年

怖い話都市伝説案内人

私は遠くの町で迷子になっていました。 その時は、山登りの帰りだったのですが、道を間違えて反対側の麓に下りてしまったのです。 こちら側には帰るための交通手段である電車の駅が無かったので、何とか予定通りのルートまで戻らなけれ・・・

農家の亡霊

怖い話都市伝説案内人

昔住んでいた地域で、一人の農家を営んでいる老人が亡くなりました。 その老人は小さな畑を持っていたのですが、数年前から体を壊していて、その頃から全く手をつけていなかった畑は、既にその名残も失うほどに荒れ果てていました。 そ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ