欲しがり鬼が棲む地方

サイト内検索

私がまだ小学生だった頃、祖父母の家に家族で遊びに行っていました。

その時にはいとこの一家も来ていて、年に1回会えるかどうかだったので毎年楽しみにしていました。

私たちが決まってやるのが「探検」です。

その地域には古い建物が多く、誰も住んでいないので隙間から入り放題、その年も探検に出かけることにしました。

その年に探検したのが、古い「蔵」でした。

古びた建物は祖父母の家にく時しか見る機会がなく、珍しさに興奮していたのを今でも覚えています。

蔵の入口は施錠されていなかったので、あっさりと侵入することができました。

なにか宝物でもないかな、そう思いながらいとこと探索をしましたが、既に中のものは何もかも持ち出されてしまったようで、せいぜい空箱くらいしかありませんでした。

「何もないね」と、いとこと一緒に残念がっていました。

何もないと分かり、蔵を出ようとすると入口が閉まっているのに気付きました。

入るときに閉めた覚えはなかったのですが、しかも、外から鍵が掛けられているのか、開けられませんでした。

他に出口はないかと探していましたが、そのようなものは見当たりませんでした。

するとどこからともなく「なにかくれ」と聞こえてきました。

その声は続けて「何かくれないとここから出してやらないぞ」と言います。

しかし、何も持ってきていなかったし、蔵の中でも何も見つけることはできませんでしたので、差し出すものなんてなく困っていると、いとこが「なんでもいいから出してよ!」と叫びました。

すると急に入口が開き、いとこと一緒に外に脱出しました。

それからというもの、いとこには一度も会っていません。

祖父母の家にもあまり来ていないようで、祖父にいとこのことが心配だ、と聞くと、あの日の出来事について聞かれたので、蔵に閉じ込められて、何かを差し出すように要求された旨を話すと「そりゃあ、お前『欲しがり鬼』に目ぇ付けられたな」と言います。

「欲しがり鬼」はその地方に伝わる伝承で、「悪い子は欲しがり鬼に物を盗られるぞ」という内容が伝わっていて、子供の躾の文言として使われているそうです。

祖父が言うには「物を持っていないと、心を盗られる」という話です。

確かに、蔵を出てからいとこの様子はおかしかったです。

何も喋らす、表情も変わりませんでした。

いとこは欲しがり鬼に心を盗まれてしまったのです。

今は精神病院に入院しているという噂を聞いています。

怖い話関連コンテンツ

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

怖い話メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ