魔界からの携帯メール

サイト内検索

私は仕事で昇進し、勤め先は変わらないものの収入が増えたことを機に、職場の近くに引っ越すことにしました。

しばらく部屋を探していましたが、その中に気になる物件がありました。

部屋のグレードはかなり良く、しかも今住んでいる部屋と同じ家賃で住むことができたのです。

収入が増えたので多少家賃が増えても良いと考えていましたが、安い家賃で住めるのであればそれに越したこともありませんし、この部屋を借りようかと考えていました。

しかし、友人から家賃が安いのにはそれなりに理由があるはずだから、まずは部屋をきちんと見て、可能な限り口コミや評判についても調べておいたほうが良いと言われたので、とりあえず部屋を見させてもらうことにしました。

不動産屋と一緒に部屋を覗きに行きましたが、実際に見るとなかなか綺麗でした。

むしろ、想像していたよりもずっと綺麗で、部屋も広く感じることができました。

あとは特に変な噂などが無ければすぐにでも契約しようかと思ったその時、急に携帯にメールが届きました。

ただ、中身は空メールで、送り主は分からない状態でした。

メールにも非通知ってあったかな、と思いながらも一旦部屋から出て食事をすることにしました。

食事中、友人からのメールをチェックしてびっくりしました。

驚いたのは2つあって、まず先ほどのメールが消去されていたのです。

自分で消去した覚えがなく、別のフォルダに移っているのかとも思いましたが、どこにも見当たりませんでした。

2つ目にメールの内容です。

どうやら、例の部屋は何かしら曰くつきの部屋であるという話です。

周辺住民からの聞き込みで判明したそうです。

(彼は営業職だったので、仕事柄多くの人と話す機会があった)

私はそれを不動産屋に確認しようかと思い、部屋に戻ることにしました。

すると、部屋に戻った途端にまたしてもメールが届きました。

その内容には「殺す」とか「死ね」とかいうネガティブな内容の言葉が書き連ねてあり、しかも、次々に送られてくるのです。

怖くなって玄関から後ずさってしまい、その場で転んでしまいました。

その瞬間、先ほどのメールは消えてしまいました。

起き上がって部屋に入ったとたん、またしても先ほどのメールが次々に送られてきました。

私は携帯電話の電源を切り、中にいた不動産屋にこの部屋の噂について言及しました。

しかし、不動産屋は青ざめながらしどろもどろするばかり、しかも、しきりに自分の携帯電話を気にしていました。

これは何かあると思い、私はこの部屋は借りないということを告げ、帰りました。

以後、そのメールは届いていませんが、いったい誰からのメールだったのでしょうか。

怖い話関連コンテンツ

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

怖い話メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ