事故物件アパートの恐怖

サイト内検索

これは私の友人Aが大学に通うため世田谷区のアパートに住んでいた時の話です。

そのアパートはいわゆる事故物件で、手首を切っての自殺があったらしいのですが、幽霊なんて信じない彼は、家賃の安さに大喜びで契約したそうです。

アパートで独り暮らしを始めたAは夜中に妙な音を何度が聞きましたが、怖い感じはしなかったと言います。

アパートに入居して1週間したころ、酔っていい気分で部屋に帰ったAは何となく、「ただいま~」と独り言を言ってみました。

すると、テーブルの隅で「トン」と返事をするように音がしたそうです。

次の日も部屋に帰ると「ただいま~」と言ってみました。

すると、またテーブルの隅で「トン」と答えるように音がします。

気分が良くなったAはお風呂に入った時に、「いるの」とささやいてみると、お風呂の壁から「トン」と返事がありました。

それから楽しくなったAは、ことあるごとに「いるの」と聞いてみるようになり、必ず「トン」と返事があったそうです。

Aが言うには、何も害はないし、話しかけると「トン」と返事をくれるのできっと良い霊に当たったと思ったそうです。

そのことを大学の友達に話すと、面白半分に友達がアパートに来るようになったそうです。

Aが友達の前で「今いる」と聞くとテーブルや壁から「トン」と返事があり、友達は皆驚きましたが、他に現象は起きないので「この部屋には座敷童のような益霊がいる」と話題になり、いっそう人の出入りが多くなり、Aはこの部屋を選んだことを正解だったと確信したといいます。

そんなある日、話を聞きつけた女友達が部屋に行きたいというのでAは大喜びで女友達Kを部屋に招待しました。

Aがいつものように玄関を開け「ただいま~」というと、何故か返事がありません。

あれ!と思いましたが、Aは「とりあえず、上がってよ!」とKを部屋に招き入れ、ビールを用意してテーブルに座り、「今いる」と霊に問いかけました。

その時突然ガッシャーーン!!とガラステーブルが粉々に砕けたそうです。

「キャーーッ」というKの絶叫も聞こえ、Aが何があったのか解らず驚いているとKの顔はガラステーブルの破片で血だらけになっていました。

すると、部屋中が大地震のようにグラグラと揺れ、棚のものが全て落ちてきました。

AとKは慌てて部屋から逃げ出し、救急車を呼んでKは病院に運ばれました。

その後解ったのですが、Aの部屋は長く付き合っていた彼氏を他の女に奪われた女性が手首を切って自殺した部屋だったという事です。

Aは怖くて、もうその部屋には戻れないので親を呼び、アパートの処理をしてもらったそうです。

事故物件には二度と手を出さないと言ってました。

怖い話関連コンテンツ

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

怖い話メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ