エレベーターの中の子供

サイト内検索

私は以前、8階建てのマンションに住んでいました。

その7階に部屋を借りていたので、帰るときにはエレベーターを使っていました。

足腰に自信がなかったので、エレベーターが故障でもしない限りは待ってでもエレベーターを使っていました。

ある日、私は帰宅した時にエレベーターが閉まっていくのを見ました。

中の人に声をかけ、待ってもらうように頼んでから急いでエレベーターに向かって走りました。

何人かの人がエレベーターに乗っていて、少し多かったので正確に何人いたかは確認しませんでしたが、何とか無事にエレベーターに乗り込むことに成功します。

その後、一人、また一人と6階までに人が降りていきます。

6階から7階に向かってエレベーターが動いているとき、急にエレベーター内の電気が消え、エレベーターが止まってしまいました。

私はエレベーターが故障したことに気がつきましたが、咄嗟のことだったので緊急ボタンを押すことを忘れていました。

ドアをドンドンと叩いていると、急に後ろから子供の泣き声が聞こえてきました。

私は、まだ誰か残っていたことに一切気がつきませんでした。

その子供は多分、男の子だったと思います。

何分、暗がりだったので、輪郭と体格から何となくでしたが。

このまま泣かれても面倒だと思った私は、その子供に「怖くないから泣き止みなさい」と言いましたが、子供は全く反応しません。

何度か説得を試みましたが、結局最後に、「ここから出られない、家に帰りたい」という言葉を聞いただけで、こちらの言葉に反応を示すことはありませんでした。

その時、エレベーター内が明るくなり、動き出しました。

故障が直ったのでしょうか、とにかくこれで出られると思ってほっとしました。

7階に到着し、エレベーターから出た私は振り返りましたが、エレベーター内には誰もいませんでした。

いつの間にエレベーターを降りたのかと思いましたが、いくら小柄な子供とは言え、私の目を盗んでエレベーターから降りたとは思えませんでした。

そして、エレベーターのドアが閉まる瞬間、もう一度「家に帰りたい」という言葉と、子供のすすり泣く声が聞こえてきました。

それ以来、怖くなってエレベーターを使うことはありませんでした。

怖い話関連コンテンツ

モバイルでご覧の方へ

全てのコンテンツと、カテゴリー内の記事をタイトル一覧表示としたメニューを作りました。PCの方にも便利です。

怖い話メニュー

人気記事ランキング

コメントを残す

CAPTCHA


*投稿されたコメントはブログ管理者の認証後に表示されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ