怖い話・都市伝説大好き人間、集まれ!

サイト内検索

ある団地の部屋での痣

怖い話都市伝説案内人

私は小さな頃、大きな団地に入居したことがありました。 部屋の間取りも大きくなり、お金も安く済むらしく、両親はとても喜んでいたのを覚えています。 大きな団地だったのですが、不思議と近所の子供と遊んだ記憶はありません。 それ・・・

古い村の土葬の習慣

恐怖案内人

私の母が田舎のお婆ちゃんから聞いたという土葬の習慣の話です。 今では遺体は火葬をし骨壷に入れますが、昔は土葬の習慣があり、墓地に大きな穴を掘り棺桶ごとうめていたそうです。 お婆ちゃんの村も集落ごとに小規模な墓地があり、全・・・

黄色い部屋と青い部屋

怖い話都市伝説案内人

田舎に住んでいた私が就職のため神奈川のアパートを探していた時のことです。 初めての就職なので当然のように手持ちのお金が少なかった私は、とりあえず安い物件を探し出そうと現地の不動産屋を何軒か廻り格安の物件を見てまわりました・・・

赤い子供

恐怖案内人

これは私の友人が体験した話です。 私の友人が高校生だった頃、父親が仕事を変えたため、会社の社宅から賃貸マンションの4階に引っ越したそうです。 駅からは少し遠めの古いマンションでしたが間取りが広く友人はとても嬉しかったそう・・・

夢の中の心友

怖い話都市伝説案内人

私には小さな頃から何でも相談できる心友がいます。 そして、私の悩みや相談を必ずと言っていいほど的確に解決してくれるありがたい存在です。 なので、どんなに辛いことがあっても翌日には明るい自分を取り戻すことができるのです。

忘れられた人達

怖い話都市伝説案内人

私は廃墟マニアで、友人と2人で廃墟巡りをするのが趣味でした。 怖い場所が好きというのではなく、廃墟のレトロな感じがたまらなく好きでした。 様々な廃墟を巡りましたが、怖い物を見たことはありませんでした。 あの夏の終わりに、・・・

骨董店で買った古いお面

恐怖案内人

友人の叔父さんは古い物を集めるのが趣味で骨董店を巡るのが大好きだったそうです。 古い家具や壺など変わったものを購入してきては楽しんでいたそうです。 友人が遊びに行くと嬉しそうにガラクタにしか見えないような古びた物を見せて・・・

峠道のカーブでのデジャヴ

恐怖案内人

私は若い頃、いわゆる走り屋をやっていました。 週末になると友人と車で峠道を走りに行き、夜中の峠道をひたすら登り降りを繰り返していたものです。 その峠は走り屋には有名な場所で週末には必ずといっていいほど数人の走り屋が集まっ・・・

キャンプ場の漆黒の空間

怖い話都市伝説案内人

かなり前の事になるのですが、こんな体験をしたことがあります。 10月の初め頃だったとおもうのですが、渓流に近い林間の無料のキャンプ場に行った時の話です。 そのキャンプ場は無料のキャンプ場で管理人もいないので自由にキャンプ・・・

夜叉の時間

恐怖案内人

ある村では、夜中に外出することが、固く禁じられていました。 深夜0時から5時までは、いかなる理由があろうとも家を出てはいけないという掟があったそうです。 深夜0時から朝方5時までは、夜叉の時間なので、人間は活動してはいけ・・・

サブコンテンツ

このページの先頭へ